パートナー事業所募集のご案内 

障害者支援・福祉サービス事業所 レインツリー  >  パートナー事業所募集のご案内① 

社長ブログ

  • TEL:042-851-4500 営業時間8:30〜17:30
  • RainTreeに関するお問い合わせ
パートナー事業所募集
事業所案内

就労継続支援B型事業所レインツリー開設のすすめ

障がい者がやりがいを持って安心して働ける場所「就労継続支援B型事業所」を求めています。
全国に私たちのサービスを待っている方がいる!という確信のもとに、これを届けてくれるパートナーを募集します。あなたの街にもレインツリーを。ぜひご検討ください。

代表のあいさつ

障がい者が、やりがいのある、安心して働ける場所を求めています。

株式会社ナチュラルライフサポート
代表取締役 古里 靖

ここ数年で、様々な取り組みの成果から障がい者雇用もだいぶ進んできたようです。しかし就職しても続けていくのは容易ではありません。企業や社会全体に寛容な土壌がなければいけませんが、残念ながら日本の労働環境は厳しいものが続いています。
わが子に働く場所を、と障害のある子供を持つ母親らが始めた「地域作業所」。今は「就労継続支援B型」と名前が変わっていますが、障がい者が安心して働ける場所、セーフティーネットとしての作業所は、いつの時代でもどこの土地でも必ず必要なものです。
しかしその作業所も、やりがいのある仕事がない、工賃が安い、と障がい者のニーズに応えられていない現状があります。魅力のない作業所には利用者が集まらず、存続すらできません。
私たちは、障がい者とガーデニングという、他にはない魅力を作り出すことができました。
全国に私たちのサービスを待っている人がいるという確信のもとに、これを広めてくれるパートナーを募集します。
資料請求

障害福祉サービス事業所「レインツリー」をお勧めしたい理由

障害福祉サービス事業は、いつの時代でもどこの土地でも、普遍的価値のある事業です。

「障がい者を見れば、その国や社会のあり方がわかる」と言われますが、日本はその点では欧米に比べて30年遅れていると言われています。一口に障がい者と言っても様々です。先天的な障害をお持ちの方もいれば、事故や過度なストレスなどによって、誰でもいつでも障がい者になる可能性があります。ですから障がい者のことは決して他人ごとではないのです。障がい者が地域社会で安心して暮らすためには、様々な支援と、その担い手が必要です。そのためにも、障害福祉サービス事業が世の中に広く認知され必要とされなければなりません。

就労継続支援B型の対象者は、比較的軽度な障害をお持ちな方ですが、それゆえに大変な困難があるのです。

就労継続支援B型は、一般就労は困難であろうという方を対象に、働く機会を提供するというサービスです。介護が必要であるような重度の方は対象になりません。むしろその障害が目立たないために周囲に理解してもらえなかったり、適当な支援が受けにくかったりと、生きづらさを覚えている方たちです。そうした人は年々増加しています。

就職をしない選択肢も一緒に考えていきます。

就労できないのには様々な克服困難な課題を抱えている場合がほとんどです。就労は夢を叶えるための手段ですが、一般就労をしなくても幸せな生活を営むことはできるはずです。就労継続支援B型は、就労をしないという選択肢も含めて、利用者の将来を真剣に共に考えるサービスです。

いつまでもいられる場所があるという安心感は、誰にでも必要なことです。

就労継続支援B型は、利用期間の定めがありません。それに必ずしも一般就労を目標としませんから、利用者は自分自身と将来について、じっくりと働きながら取り組むことができます。

レインツリーは、就労継続支援B型の課題である、「収益が上がる仕事」ができます。

就労継続支援B型は、利用者に相当の工賃をお支払いするために、収益の上がる仕事をしなければなりませんが、これが最も困難な課題です。レインツリーでは、毎月1回定期的にお庭のお手入れをするガーデンクリーンナップサービス「グラスホッパー」により、毎月安定した高収益を上げることができます。

体にも心にも良い仕事を通じて、利用者が変わっていきます。

庭という創造的な屋外の空間に身を置き、土や植物に触れ、きれいにそれを手入れし、掃除をするという仕事は、体にも心にもとても良い影響を与えます。また社会や人に貢献できた喜びを経験することで、自信がつき、成長していきます。

お客様にも大変好評です。

お客様は、「どうせどこかに頼むのなら」、障がい者の就労支援という社会貢献にもなるグラスホッパーに庭の手入れを依頼することにしました。真面目に一生懸命取り組む障がい者作業員の仕事ぶりに、大変満足していただいております。

御社のお仕事を活かせます。

現在御社で行っている様々な業務のなかには、障がい者にもできる仕事があるはずです。
作業工程の一部だけでも、あるいは雑務といったものをレインツリーの利用者の仕事にすることができます。それによって経費削減などができます。

利用者と雇用契約を結ぶわけではないですから、雇用に伴うリスクはありません。

利用者は従業員ではありません。利用者へ工賃の支払いはしますが、雇用契約を結ぶわけではありませんので、社会保障費の発生や、労働基準法の適用はありません。

他の就労系福祉サービスに比べて、利用者が長期にわたって安定します。

利用者は、病気や障害が比較的安定している方々です。利用を開始してすぐに就職をしたり、体調を崩して入院するなどといったこともあまりありませんので、欠員補充に追われることなく、安定した収益を確保できます。

就労継続支援B型事業所「レインツリー」の管理者は、必ずしも障害福祉や庭仕事に精通している必要はありません。

専門的な知識や技術がなくても、豊富な人生経験をお持ちの方でしたら、研修とサポートによってどなたでもできるようになります。ただしサービス管理責任者は、社会福祉士等の資格と経験がある方でないとなれません。

お問い合わせ
電話 042-713-3876
メール 

資料請求